光で回路は進化する。

QDLASER SiliconPotonics

世界で唯一量産化した量子ドットレーザ。
耐環境性能に優れた特性によって
通信の世界を変えてきた。
次はシリコンフォトニクス。
回路の中をつなぐ「電気」が「光」になれば、
劇的に情報処理は進化する。

情報のやりとりを、電気から光へ
「シリコンフォトニクス」

SiliconPotonics

シリコンLSI技術に光機能を融合し、大容量伝送・低消費電力化を実現可能にする技術である。従来の電子回路に比べ、処理速度が速く消費電力も少ない。

光/電気変換チップ

QDレーザのマルチチャネル量子ドットレーザが搭載
された指先サイズの「光/電気変換チップ(光I/Oコア)」
マルチチャネル量子レーザのチップイメージ
※ シリコンフォトニクスに関する写真素材は「技術研究組合光電子融合基板技術研究所」様よりご提供いただきました。
謝辞:本研究開発は、NEDOの委託事業「超低消費電力型光エレクトロニクス実装システム技術開発」により行われたものです。
マルチチャネル量子レーザのチップイメージ

特徴

Features
  • 処理能力の向上のイメージ図
    処理能力の向上
    回路内の情報のやり取りが光になることで処理能力は劇的に改善。
  • 少ない消費電力のイメージc
    少ない消費電力
    量子ドットレーザは少ない消費電力で情報処理可能。
  • 装置の小型化イメージ図
    装置の小型化
    量子ドットレーザが搭載された光/電気変換チップは1辺わずか5mm。

量子ドットの貢献

Contribution
高温度動作・反射耐性
量子ドットレーザは高温度動作、および優れた反射耐性により、シリコンフォトニクスに最適なレーザ光源です。
Quantum Well Laser と Quantum Dot Laser の比較線グラフ

120℃までレーザ発振

お問い合わせ

Consortium

シリコンフォトニクスに関するお問い合わせは下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ