news
お知らせ

「超短パルス1064nm DFBシードレーザQLD106G-6410シリーズ」が第11回レーザー学会産業賞奨励賞を受賞

2019.4.25

当社製品である「超短パルス1064nm DFBシードレーザQLD106G-6410シリーズ」がレーザー学会主催の第11回レーザー学会産業賞奨励賞を受賞いたしました。授賞式は4月24日から開催される光技術総合展示会『OPIE’19』の会期2日目となる25日に行なわれました。

独自の結晶成長技術と半導体レーザ素子・モジュール設計技術により,1μm帯DFBレーザにおいて光パルス幅15psを実現いたしました。本レーザをファイバレーザの種光源として用いることで,ファイバでの光パルス圧縮により10ピコ以下の発生が可能になり,今までモードロックレーザが主流でありましたパルス領域にファイバレーザでも参入可能にする画期的な製品になります。ファイバーレーザの利点であるオンデマンド動作、自由な繰返し周波数設定、小型化および高信頼性を実現可能にいたします。今後も継続的に高性能なDFBレーザを開発し市場へ提供し産業界に貢献していきたいと考えております。

写真       受賞後の様子