Company
会社情報

社長メッセージ
Top Message

代表取締役社長 菅原 充 人物写真

株式会社QDレーザは、量子ドットレーザ技術の事業化を目指す先駆者として、2006年に(株)富士通研究所のスピンオフベンチャーとしてスタートし、通信・産業・医療・民生用の広い分野で新しい半導体レーザソリューションをお客様にお届けしております。

これまでに、世界で初めて通信用の電流無調整量子ドットレーザの開発と量産に成功するとともに、精密加工用ピコ短パルスDFBレーザ、生命科学用の電流注入型緑・黄緑・橙色レーザ、シリコン光回路用の量子ドットレーザアレイ、眼科検査機器用の広帯域利得チップ、そして、網膜走査型レーザアイウェア等の独創的な製品を次々に生み出してまいりました。

人間と物があらゆる情報とつながり始めたこの世界において、半導体レーザ技術の有用性はますます高まってきています。例えば、高温度下で低雑音動作する量子ドットレーザは、超大容量の情報を処理するシリコン光回路の光源として、情報処理システムの処理能力限界を打ち破ることが期待されます。また、網膜走査型レーザアイウェアはフォーカスフリー、ユニバーサルデザイン、拡張現実という優れた特徴を持つことから、弱視者支援、眼科医療検査・検診、作業支援等への応用を経て、一般消費者向けウェアラブル情報端末として世界的に普及することでしょう。

当社は”人の可能性を照らせ”という理念のもとに、新しい市場を創出する最先端の半導体レーザ企業として成長を続けております。革新的で高信頼の当社製品を活用頂くことによって、お客様のビジネスの発展に寄与し、みなさまの生活を安全で豊かなものにし、世界の幸福と平和に貢献することを目指してまいります。

代表取締役菅原 充

プロフィール

役員紹介
Top Message

  • 菅原 充

    菅原 充
    Mitsuru Sugawara

    代表取締役社長

    株式会社富士通研究所に入社、量子エレクトロニクスを専門として半導体レーザの基礎から応用までの研究開発に従事。東京大学生産技術研究所特任教授等を経て、2006年当社を創業。IEEE Photonic Society Aron Kressel Award等国際的な賞を多数受賞。東京大学工学部卒、工学博士。

  • 幸野谷 信次

    幸野谷 信次
    Shinji Konoya

    取締役CFO兼経営企画室長

    富士通株式会社に入社、海外子会社管理業務を経て2000年に経営戦略室に配属され富士通CVCを任される。多くのベンチャー出資、提携、M&A案件を進める中、04年に菅原と出会い当社創業を担当。北海道大学法学部卒、(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

  • 吉田 勉

    吉田 勉
    Tsutomu Yoshida

    社外取締役

    三井物産株式会社にて企業投資部長、同社CVC代表取締役社長等歴任。過去30年に亘り、グローバル企業への投資、M&A、企業再生、ベンチャー企業への投資を通じ、経営管理・指導育成を実践。株式会社三菱ケミカルホールディングス執行役員M&A室長(現任)。東京大学経済学部卒、米国ペンシルバニア大学ウォートン校経営学修士。

  • 佐久間 泰雄

    佐久間 泰雄
    Yasuo Sakuma

    社外取締役(常勤監査等委員)

    富士通株式会社入社、マーケテイング本部長代理、グローバル戦略本部長代理を歴任。主として米国、欧州におけるパートナーとのコンピュータビジネスを推進し、販売活動のみならず共同開発、資本参加等多岐にわたるパートナー連携に従事。慶應義塾大学経済学部卒。

  • 山田 啓之

    山田 啓之
    Hiroyuki Yamada

    社外取締役(監査等委員)

    2001年にAZX総合会計事務所創設して以来、一貫してベンチャー企業の成長戦略を支援。その他に現在は上場会社の社外監査役も務め、会社のコンプライアンス・ガバナンスについての知見を多く有する。慶応義塾大学法学部法律学科卒、税理士。

  • 谷口 洋一

    谷口 洋一
    Yoichi Taniguchi

    社外取締役(監査等委員)

    運輸会社入社後、2002年富士通株式会社に入社。Fujitsu Hong Kong Ltd. Finance Directorを経て富士通株式会社財務経理本部財務企画部マネージャー(現任)。日本および中国・香港の財務会計実務を通じ内部統制、M&Aなど幅広い知見を有する。流通経済大学経済学部卒。

  • 武政 敬三

    武政 敬三
    Keizo Takemasa

    執行役員
    (レーザデバイス事業部長)

    沖電気工業株式会社に入社、半導体レーザの研究開発に従事。2008年に当社に入社。レーザデバイス事業部長として通信・産業用半導体レーザの開発・生産・販売を指揮する。東京大学大学院 工学系研究科物理工学専攻 修士課程修了。

  • 除村 均

    除村 均
    Hitoshi Yokemura

    執行役員
    (視覚情報デバイス事業部長)

    富士通株式会社に入社、回路・実装技術、先端LSIを使った装置の小型化、高性能・低コスト化、量産実務に携わる。2016年より当社レーザアイウェアの開発と量産化プロジェクトに参画、事業部長として開発、製造、販売を統括、指揮。中央大学工学理工学部電気工学科卒。

会社概要
Top Message

会社名
株式会社QDレーザ(QD Laser, Inc.)
本社
〒210-0855
神奈川県川崎市川崎区
南渡田町1番1号京浜ビル1階
アクセス方法
設立
2006年 4月
代表取締役社長
菅原 充
取締役
幸野谷 信次
取締役
吉田 勉(社外)
取締役(常勤監査等委員)
佐久間 泰雄(社外)
取締役(監査等委員)
山田 啓之(社外)
取締役(監査等委員)
谷口 洋一(社外)
執行役員
武政 敬三
執行役員
除村 均
顧問
荒川 泰彦
(東京大学特任教授)
株主
富士通株式会社
(コーポレートファンド)
Mitsui & Co. Global Investment, Inc.
東京センチュリー株式会社
アクサ生命保険株式会社
SMBCベンチャーキャピタル株式会社
Beyond Next Ventures株式会社
第一生命保険株式会社
合同会社ユーグレナSMBC日興リバネスキャピタル
株式会社ニコン
株式会社DGインキュベーション
三菱UFJキャピタル株式会社
株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ
株式会社インテージホールディングス
リード・キャピタル・マネージメント株式会社
株式会社きらぼし銀行
三井住友海上キャピタル株式会社
山口キャピタル株式会社
株式会社みらい創造機構
東京大学協創プラットフォーム開発株式会社
株式会社MTG Ventures
SBIインベストメント株式会社
りそなキャピタル株式会社
大分ベンチャーキャピタル株式会社
経営陣
業許可等
第二種医療機器製造販売業 (14B2X10039/平成29年3月16日許可)
医療機器製造業 (14BZ200265/平成29年2月13日登録)
認証
ISO9001 2012年1月取得
EN ISO 13485 2019年10月取得
品質方針
当社独自の通信・産業用高効率半導体レーザおよび視覚情報デバイスを開発製造し、市場要求にタイムリーに応え続けるためにQMSの有効性の継続的改善を行い、顧客満足度を追求する。

沿革
Top Message

2006年 4月
株式会社富士通研究所と「量子ドットレーザと光増幅器に関する研究」で研究委託契約を締結
2006年 4月
富士通株式会社と三井物産株式会社のベンチャーキャピタル資金を活用し、富士通の量子ドットレーザ技術にもとづく光デバイスのベンチャー企業「株式会社QDレーザ」設立
2006年 6月
東京大学と「量子ドットの結晶成長技術に関する研究」で共同研究契約締結
2006年 9月
ウォールストリートジャーナル 技術革新賞 2006 半導体部門 Runner-Up賞受賞
2006年 9月
NEDO平成18年度第2回イノベーション実用化助成事業「光通信用量子ドットレーザの実用化開発」の交付
2007年 6月
QDレーザ代表取締役社長 菅原充が、産学官連携功労者表彰(第5回)において内閣総理大臣賞を受賞
2008年 2月
-40~100℃で動作する光通信用量子ドットレーザを世界で初めて実現
2008年 9月
NEDO平成20年度第2回イノベーション実用化助成事業 「光通信用量子ドットDFBレーザの実用化開発」の交付
2008年 12月
みずほキャピタル㈱を中心に総額7億円の資金調達を実施
2009年 1月
量子ドットレーザがIEEE SPECTRUM magazineにおける”Winner for Telecommunications”に
2009年 3月
光通信用10Gbpsの量子ドットレーザを世界で初めて実用量産化
2010年 10月
グリーンITアワード2010において量子ドットレーザーが「経済産業大臣賞」を受賞
2010年 12月
既存株主を中心に総額8億円の資金調達を実施
2011年 4月
単一モード発振特性に優れた1064nm DFBレーザモジュールを商品化
2012年 1月
ISO9001認証取得
2012年 1月
最大出力100mW以上の小型で高速変調可能な波長532nm緑レーザモジュール・高速変調可能な小型(0.5cc)黄緑色、橙色レーザモジュールを開発
2012年 4月
「通信用半導体量子ドットレーザ」が平成23年度レーザー学会産業賞の優秀賞を受賞
2014年 2月
1064nm 400mWのDFBレーザモジュール開発
2014年 2月
「Compact 561nm laser module」がPhotonics West 2014のPRISM AWARDSのファイナリストにノミネート
2014年 4月
波長1μm帯DFBレーザモジュール搭載ピコ秒パルスドライバーボードを商品化
2014年 6月
ウェアラブル情報端末「レーザアイウェア」を開発
2014年 7月
QDレーザ代表取締役社長 菅原充、レーザデバイス事業部長 武政敬三、担当部長 西研一がIEEEの2014 Aron Kressel Awardを受賞
2016年 3月
第1回 「JEITAベンチャー賞」を受賞
2016年 4月
2016年4月 SLO(走査型レーザー検眼鏡)技術の医療応用研究会が発足
発起人:日本ロービジョン学会理事長 東京大学医学部眼科学教室 加藤聡先生
協賛企業:株式会社QDレーザ
2016年 10月
網膜走査技術市場創出(MERITコンソーシアム)を設立
2016年 10月
「通信波長帯量子ドットレーザの高性能化とその実用・量産化」が第16回 山﨑貞一賞を受賞
2016年 10月
「網膜走査型レーザアイウェア技術」が、「CEATEC JAPAN 2016米国メディアパネル・イノベーションアワードグランプリ」を受賞
2016年 10月
「網膜走査型レーザアイウェア技術」が、CEATEC JAPAN 2016で「経済産業大臣賞」を受賞
2017年 2月
「Ultra-short Pulsed Seeder for Fiber Laser」がPhotonics West 2017のPRISM AWARDS を受賞
2017年 4月
「WIRED Audi INNOVATION AWARD 2017」を受賞
2018年 2月
「高温度特性半導体量子ドットレーザの開発および実用化」が第33回櫻井健二郎氏記念賞を受賞
2018年 4月
RETISSA® Displayの法人向け受注を開始
2018年 6月
網膜走査型レーザアイウェアの国内臨床試験開始
2018年 7月
RETISSA® Display法人向け出荷開始と個人向け受注を開始
2018年 8月
網膜走査型レーザアイウェアの欧州臨床試験開始
2018年 10月
網膜走査型レーザアイウェアの国内臨床試験完了
2018年 10月
RETISSA® Displayが日経 xTECH EXPO AWARD 2018 準グランプリ「ウエアラブル賞」を受賞
2018年 10月
『VISIRIUM®テクノロジー』を応用した放送視聴サービスへの取り組みを開始
2018年 10月
RETISSA® Displayの個人向け受注を開始
2018年 12月
RETISSA® Display出荷
2019年 2月
RETISSA® DisplayがPRISM AWARDS 2019を受賞
2019年 2月
医療機器製造販売承認を申請
2019年 4月
日本パラ陸上競技連盟と「オフィシャルスポンサー」契約を締結
2019年 4月
第三者割当増資を実施
2019年 4月
「超短パルス1064nm DFBシードレーザQLD106G-6410シリーズ」が第11回レーザー学会産業賞奨励賞を受賞
2019年 6月
新方式の網膜走査型レーザディスプレイを開発、低コスト化、ダウンサイズ化を実現
2019年 6月
当社社員で視覚障害柔道の石川信介選手が優勝!
2019年 7月
QDレーザのRETISSA® Displayが「能楽協会と富士通、ファン拡大に向けたパートナーシップ契約を締結し、伝統文化でのICT活用を推進」に採用
2019年 10月
RETISSA® Display IIの先行受注を開始
2019年 10月
EN ISO 13485 2019年10月取得

所在地
Location

QDレーザは、神奈川県川崎市に本社を置き、量子ドットレーザを始めとする最先端レーザの開発、製造、販売を行っております。

本社

Google マップを開く

〒210-0855
神奈川県川崎市川崎区南渡田町1-1
京浜ビル1階
(「Technology Hub Innovation Kawasaki (THINK)」 内)

電車をご利用の場合

・JR鶴見線/南武線「浜川崎駅」より徒歩5分

バスをご利用の場合

・JR川崎駅東口よりバス15分
「臨港バス(川24)JFE前」/「市営バス(川40)JFE前」

お車をご利用の場合

・東京方面より
首都高速横羽線「浜川崎ランプ」より1分

・横浜方面より
首都高速横羽線「浅田ランプ」より3分

新川崎オフィス

Google マップを開く

〒212-8510
神奈川県川崎市幸区新小倉1-1
富士通 新川崎テクノロジースクエア B棟6階

電車をご利用の場合

・JR横須賀線「新川崎駅」より徒歩12分

・JR南武線「鹿島田駅」より徒歩15分

開発体制
Location

QDレーザは、GaAs基板をプラットフォームとする通信・産業用の高機能半導体レーザおよびウェハをご提供しております。東京大学荒川・岩本研究室、および富士通研究所と新しい価値創出のため共同で研究開発を進めております。

QD LASER、東京大学、その他協力会社との共同開発を説明している図表
閉じる

菅原 充 プロフィール

1984年
東京大学大学院物理工学修士課程修了、同年株式会社富士通研究所入社
1995年
株式会社富士通研究所光半導体研究部主任研究員、東京大学工学博士
1999年
東京工業大学大学院電子機能システム専攻客員助教授 (兼務)
2001年
株式会社富士通研究所フォトノベルテクノロジ研究部長
2004年
東京大学生産技術研究所特任教授
2005年
株式会社富士通研究所ナノテクノロジー研究センター センター長代理
2006年
株式会社QDレーザ代表取締役社長(現職)

受賞歴

2006年10月
Technology Innovation Awards Runners-Up, "Quantum-dot lasers for optical communication using nano-size semiconductor particles as light emitters", The Wall Street Journal
2008年4月
文部科学大臣表彰 科学技術賞 研究部門 「光通信用量子ドットレーザの研究」、文部科学省
2008年6月
産学連携功労者表彰 内閣総理大臣賞、「フォトニックネットワーク技術の開発及び大学発・カーブアウト型ベンチャー設立」、産学官連携推進会議
2009年6月
IEEE Spectrum Special Technology Issue Winner Award
2010年9月
第4回応用物理学会フェロー表彰
2010年10月
経済産業大臣賞(グリーンITアワード2010)
2012年4月
レーザー学会産業賞優秀賞 “通信用半導体量子ドットレーザ”
2014年10月
IEEE Photonic Society Aron Kressel Award, "For pioneering contributions to the development of temperature-insensitive quantum dot lasers, and their commercialization and mass-production for optical communication systems".
2016年3月
第1回 JEITAベンチャー賞
2016年10月
CEATEC2016 経済産業大臣賞、米国メディアパネル・イノベーションアワード グランプリ
2016年11月
第16回 山﨑貞一賞 “通信波長帯量子ドットレーザの高性能化とその実用∙量産化”
2017年2月
米展示会Photonic West2017 PRISM AWARDS Winner
2017年4月
WIRED Audi INNOIVATION AWARD 2017
2018年2月
QDレーザの「高温度特性半導体量子ドットレーザの開発および実用化」が第33回櫻井健二郎氏記念賞を受賞しました
2018年10月
RETISSA® Displayが日経 xTECH EXPO AWARD 2018 準グランプリに選ばれました
2019年2月
RETISSA® DisplayがPRISM AWARDS 2019を受賞